読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KatsuYuzuのブログ

.NET の開発をメインとした日記です。

無料のVisual Studio 2012 Express for WebでSilverlightの開発環境を揃える

Visual Studio 2012な情報がなくて、人に教える時に困ったのでメモ。2010の頃からですが、どれインストールしたらいいかわからないとよく聞かれます。というか、私自身も困ります。

要件

下記が前提条件で。

Visual Studio 2012 Express for Webのインストール

まず、VS2012をインストールします。インストーラーの入手には困らないと思います。インストールで困ったら下記の記事を合わせて読んでみてください。

Silverlight関連のインストール

ここでSilverlight公式ページにいくと混乱します。メンテされてません。ここでは、おもむろにVS2012を起動してSilverlightプロジェクトを作成します。
f:id:KatsuYuzu:20130524003702p:plain
するとコレコレインストールしてくださいと表示されるので従います。
f:id:KatsuYuzu:20130524000230p:plain

WCF RIA Servicesのインストール

ここでSilverlight公式ページにいくとk(ry。下記からSP2をダウンロードしてインストールしてください。

公式にはSP2へのリンクがなく、古いものが転がってます。インストールしてもWCF RIA Servicesのクライアントとサーバーのリンク機能が使えないので残念なことに。

補足

その他の注意点としては、ドメインサービスクラスがわかりにくいところにあることです。
f:id:KatsuYuzu:20130524001124p:plain
あとは、Silverlight Toolkitや*1Blend InteractivityはNuGetからいれましょう。TFSビルドや他人との共有を考えるとその方が便利です。
f:id:KatsuYuzu:20130524001437p:plain
VS2012のxamlデザイナがBlendちっくにかなり強化されていますので、Visual State Managerを編集したい時以外はVS2012で十分です。Visual State Managerの編集にはやはりBlendが必要で、その時はBlend Preview for Silverlight 5を……。Blend for VS2012でSilverlight 5に対応してるみたいですがVisual Studio Expressでは無理ぽいです、少なくとも私の環境では。出来るのであればどなたか教えてください。

追記 2013/10/17 23:00

Silverlight ToolkitのNuGetについて記事を書きました。

*1:2013/10/17 23:00 追記しました